スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人は愛を語れない 

08年6/15
otona.jpg
(株)幻冬舎コミックス/ルチル文庫
ill:ヤマダサクラコさん
◆飲み屋店長×かけだし舞台俳優。(年上攻)
「絵になる大人になれなくても」設定リンク作。

【ルチル月刊化フェア】対象商品。
詳細はこちら
※小冊子企画、詳細はバナーからの特設ページにもあり。

あらすじ

舞台俳優志望の湯田直海は、トラブルに巻きこまれ怪我をしたところを、飲み屋「韋駄天」店長の宮本に拾われる。
出会い頭で落ちていたのがゴミステーション、「生ゴミは金曜だ」などと平然と言ってのけたうさんくさい宮本に反発と感謝を覚えつつ、片意地を張っていた自分が甘えられる唯一の相手になっていく。
だが宮本はまるで真意の読めない男で、直海の気持ちをはぐらかすばかりで――。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。