スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひめやかな殉情 

05年7/15
jiei1.jpg

(株)幻冬舎コミックス/ルチル文庫
ill:蓮川愛さん
◆画家×刑事(年下攻)  

慈英×臣シリーズ・2
※シリーズ時系列はこちらを参照してください。
慈英×臣

刑事の小山臣は、新進気鋭の画家である秀島慈英と恋人関係四年目、同棲して一年と少し。すれ違いまくった関係は徐々に落ち着いてくるけれど、才能溢れ、年々画家としての地位を確立していく年下の恋人に自分はふさわしいのか。あげく一年間の異動が確定する昇進試験を受けるよう上司には勧められ、ようやく手に入れた彼といま離れたらどうなるのかと自信がない臣。
そこに現れたのは慈英の大学時代の友人と名乗る三島。異様に慈英へつきまとい、徐々に容姿までも慈英に似せはじめ、自分に近づく彼に、臣は疑問を抱く。三島の目的は、そして慈英と三島の過去の経緯は――。
しなやかな熱情、臣視点で書き下ろし続編。商業誌未発表作も同時収録。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。