CD・吐息はやさしく支配する 

15/7/31
toiki-cov.jpg
ルチル文庫「吐息はやさしく支配する」のドラマCD。
※画像は文庫のカバーです。

発売・通販 幻冬舎コミックス
◆CD二枚組。5000円 +税
◆キャスト:笹塚健児=小野友樹/芳野和以=興津和幸/岡崎來可=村瀬 歩/加原仁千佳=斉藤壮馬/加原創十郎=一条和矢・ほか(順不同敬称略)。

★CDジャケット:志水ゆき先生書きおろし
★初回特典:番外編ストーリー ミニドラマCD
★幻冬舎コミックス直販特典:崎谷はるひ 書き下ろし小冊子(文庫15P相当の書きおろしです)

詳細/ご予約はルチルCDコレクションページにて

※CD制作の順序がシリーズ刊行順と違う件については、moreからどうぞ

・CD制作の順序がシリーズ刊行順と違う件について+こぼれ話


こちら、原作シリーズとしては「第四作」にあたるもので、文庫からお読みの方はあれっと思ったかもしれません。
第三作目にあたる「爪先にあまく満ちている」も、制作予定があるのですが、話が入りくんでいる上に今作よりテキスト量も多く(なにしろ文庫でおよそ100P多い)、シナリオの監修に時間がかかることが予想されていたため、制作順序をスライドしていただきました。

作品内容としても、前三作とほぼ関係のない世界で起こるお話ということで、新規のシナリオライターさんにお願いしやすかった、というのもありました。これは、もうずっとシナリオを手がけてた私の心情的に不安が少なかったというか。
読者さんから、「著者のシナリオなら安心」という話をすごくよく聞いていたし、自分でもわたしの話はシナリオ構築が大変なのがわかってた(自分が素人だからってだけじゃなくて監督複数人にさんざん言われた・笑)ので、あのややこしい話はちょっと慣れていただいてからがいいかな、と思ったのが本音というか……。

結果としては、「もっと早くお願いしてればよかった……」という気持ちです(笑)。
「あなたは怠惰で優雅」と今回の「吐息はやさしく支配する」で連続してシナリオお願いしたのですが、すごくいい感じにシナリオまとめてくださって、ほとんど言うことのない状態でした。
正直餅は餅屋だなあと、感心しまくり、これで今後もお願いできるなー、と安心しています。

で、ここからは余談ですが。

このCDでついに40タイトル目となるのですが、それまでに紆余曲折があって、さまざまなひとに協力してもらいながら自分でシナリオを手がけてきたわけですが、そこまでするには「手がけざるを得なかった事情」ってのもありまして。
いまだから言うけど、どうしてそうなった、っていう話が違っちゃったシナリオがきたり、ひどいときは締め切り三日前にライターがトンズラ(シナリオはまったく使えない異常な長さのものしかない)とか、いろいろありまして……。
急遽、友人にひな形作ってもらって突貫工事でシナリオ作ったのが、自分でシナリオをやるようになったきっかけでした。

結局去年、体調を崩して仕事のスケジュールを見直す際、本業もままならんのに、ましてやCDシナリオは無理……とご相談申しあげ、色々あたっていただいて、いまです。
とてもよいライターさんをご紹介いただいて、あがってきたシナリオを眺め、一番安心してたのは私かもしれません。

いままで、レポートとか、過去のサイトの日記とかでちょいちょい書いてましたが、「原作は原作、CDはCD」で、別物だとは思っています。
が、「まるっきり別の話になっていい」わけじゃ、むろんない。特に恋愛ものであるBLCDはニュアンスの部分がとても大事なので、ここをちゃんと拾ってくれるライターさんじゃないとむずかしいのも事実です。
これは相性とかもあるし、逆に「このひとにはこの話がこう読めてしまったのか!」って衝撃は受けたことが何度もあります(笑)。今回はそこの齟齬がないシナリオライターさんで、ほんとにありがたいなと思います。これも出会いだなあと。

ともあれ、40タイトルめのドラマCD、むろんシナリオの監修や立ち会いもさせていただきますし、よりよいものに仕上がるよう、皆様のご協力を仰ぎつつ、がんばらせていただきます。

崎谷