スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは怠惰で優雅 

12/8/17
a_t_y_cov.jpg
(株)幻冬舎コミックス/ルチル文庫
ill:蓮川愛さん
◆大学生×専門学生(同級生) 

慈英×臣シリーズ・スピンオフ。
『やすらかな夜のための寓話』収録『雪を蹴る小道、ぼくはきみに還る』から派生した別視点のストーリー『イジメテミタイ』をはじめとした四編を収録。
うち二編は新作書きおろし、慈英と臣もゲストキャラとして登場。

※シリーズ時系列はこちらを参照してください。
慈英×臣

詳細・あらすじはmoreをクリック。

収録作

【イジメテミタイ】ある年の年末、志水朱斗は、中学時代からの片思いの相手、弓削碧に誘われてパーティーへと訪れていた。いよいよ就職も目前となり、いつまでも子どもではいられない。年の瀬に吹っ切ろうと思っていたところ、ある人物との出会いによって話は思わぬ方向へと転がりはじめ――。

【ナカセテミタイ】一応つきあいはじめた(?)はずのふたりだけれど、碧は相変わらず意地が悪く、朱斗は振りまわされっぱなし。あげくのはてに、慈英と親しすぎるという理由でひどいおしおきまで受けてしまい――!? 
(以上二作、同人誌掲載作を改稿)

【アイネクライネ】すこしずつわかりあいはじめた朱斗と碧。ある日の休日、ふと朱斗は出会ったころのことを振り返り――。

【イツカノミライ】慈英がいとこの照映とコラボ展をおこなうことになり、朱斗は慣れない受付の仕事をがんばる。友人の佐藤も訪れ、しかも慈英の“大事なひと”にはじめて会う。なにごともなく終わるはずの一日が、とんでもないハプニングに見舞われ――。
(以上二作、書きおろし)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。