スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かにことばは揺れている 

10/09/15
kotobacov1.jpg

(株)幻冬舎コミックス/ルチル文庫
ill:志水ゆきさん
◆社長×音叉セラピスト(年上攻)
グリーン・レヴェリー シリーズ・2
『心臓がふかく爆ぜている』スピンアウト

あらすじ・関連作はmoreをクリック。

あらすじ
リラクゼーション系サービス会社『グリーン・レヴェリー』の社長、綾川寛二は、音叉セラピストの白瀬乙耶に突然キスをされる。妻を亡くして以来、息子の寛(ひろい)のために女装してきたが、綾川はゲイではないと伝えると、白瀬は勘違いを詫びてくれ、なぜか寛も交えて友情を育むようになる。だが妙に色気のある白瀬がときおり見せる翳りが気になり、そのつらい過去を知ったとき、綾川の出した答えは――。

■シリーズ作
心臓がふかく爆ぜている……シリーズ1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。